Osprey Fuan Club ネトウヨ対策課

沖縄に関する様々なフェイクニュースを検証し、ファクトを発信するブログメディア

暗躍する日本会議 ② 埋め立て承認のあの日、仲井眞の知事公室にいたのは日本会議だ !

f:id:truthaboutokinawa:20181228111945p:plain

 

 

ことの始まりは、

  

今から四年前

2013年12月27日のことだ。

 

それまで「辺野古移設」は非現実的と言葉を濁していた仲井眞弘多知事が、突如として辺野古の埋め立てを正式承認した。

 

あの地獄の冬の日。

 

まさに沖縄は凄まじい混乱と絶望の淵に投げ込まれ、そして今もそこで時計の針は止まったまま、基地反対派の翁長知事の誕生にもかかわらず、県民の必死の抵抗にもかかわらず、辺野古新基地建設が強行されようとしている。

 

あの衝撃、あの悪夢の「いい正月がむかえれる」といいのけた仲井眞の裏切りの背後には、いったい何があったのか。知事公室でどんな勢力がうごめいていたのか

 

仲井眞知事 辺野古埋め立て承認 に対する画像結果

 

今回も、結論から言わせていただく。

 

あの日、12月27日に知事公室にいたのは、

日本会議だ。

 

さて、時計の針をさかのぼり見てみよう。 

仲井眞承認の、その数ヶ月前 ...

 

8月18日、謎の「県民の会」結成式、しかし発信元は東京都千代田区の謎

 
8月18日、「普天間基地の危険性を除去し辺野古の米軍基地に統合縮小実現する」県民の会・結成式
が行われた。

 

f:id:truthaboutokinawa:20181228114022p:plain

「普天間基地の危険性を除去し辺野古の米軍基地に統合縮小を実現する」県民の会・結成式

 

表立っては、ウチナーの中地昌平が会長の「県民の会」ということになっている。

 

し・か・し !!!

 

沖縄県民の辺野古移設を早急に求める声を署名に、といいながら、

 

お笑いなのだが、この団体の FB 投稿の発信元はなぜか「東京都千代田区」となっている。

 

遠い東京から署名活動やら動画などを発信している、この団体はいったい何だ !?

 

投稿発信の場所に注意。ほとんどのこの団体の投稿は東京都千代田区から発信されている。

<開会の挨拶 全文>... - 「普天間基地の危険性を除去し辺野古の米軍基地に統合縮小を実現する」県民の会・結成式

f:id:truthaboutokinawa:20180728234034p:plain

 

当初からしっかりとした組織力とプランを持っている。発信地はやはり千代田区

<開会の挨拶 全文>... - 「普天間基地の危険性を除去し辺野古の米軍基地に統合縮小を実現する」県民の会・結成式 | Facebook

http://youtu.be/exd3Zk6JAxQ

<活動計画案発表>

(1)目的
   ①普天間基地の危険性を除去し、辺野古の米軍基地への統合縮小させ、沖縄県の米軍基地の負担を軽減させる。
   ②そのために、普天間基地辺野古の米軍基地への統合縮小を要望する県民5万名の署名を集め県知事へ提出し辺野古の埋め立て承認申請書の承認を促す

(2)日程

8月18日(日) 「沖縄県民の会」結成式
9月中旬~下旬  沖縄県内署名推進キャラバン
10月中旬    基地統合縮小実現、沖縄県地方議員、国会議員の会(仮称)設立
11月24日(日) 沖縄県民総決起大会
12月    5万人署名、県知事へ提出

 

※ 提出期限を12月に設定してあるのは、「仲井眞への署名提出」⇨ 「仲井眞による埋め立て承認」のプランは実は「東京で」既に綿密に練られていたことを示すものである。

 

県民の会を名乗り、日本会議と各種極右団体が展開した姑息な署名集め

 

そうして精力的に沖縄県民への「辺野古移設」をもとめる署名集めが始まった。

 

そして、県庁前広場などで署名活動に動いたのは、

 

これまた県外から移住してきたメンバーがメインの、まったく平和的とは程遠い極右ヘイト団体「シーサー平和会議」在特会系極右団体「チーム沖縄」、極右米軍偏愛団体オスプレイファンクラブ」の面々だ。

 

※ 本土から移住してヘイト活動を展開する極右団体「シーサー平和会議」

f:id:truthaboutokinawa:20190913175140p:plain

醜悪ヘイト団体 !!! 本土から移住した沖縄プロ右翼の実態、キーキー声しか聞こえない「シーサー平和会議」

これも本土から移住・あるいは通いで、極右活動する極右団体「チーム沖縄」

f:id:truthaboutokinawa:20190913174637p:plain

在特会系右翼団体「チーム沖縄」が頼りの沖縄保守系市長「チーム沖縄」 - Osprey Fuan Club ネトウヨ対策課

※ おなじみボギー手登根と沖ウヨ「沖縄オスプレイファンクラブ」

 

子どもを狙って署名させる各種右翼団体の青年ら。

 

f:id:nagowaykata:20170319185331j:plain

※ こんな中学生にもウヨのお兄さんが署名を募って歩く。子供にまで署名させていいのか !!!

f:id:nagowaykata:20170319183100j:plain

※ こんな小学生まで !!! 「基地を縮小させる」とだまして署名活動するネトウヨ栗秋琢磨。

暗躍する日本会議 ③ 仲井眞辺野古承認の背後 - 沖縄で右翼を使いまわし子供の署名をかき集めた日本会議の実像 - Osprey Fuan Club ネトウヨ対策課

 

香ばしいウヨウヨメンバーを数々したがえて、また、本体の日本会議や神社関係者も自ら署名活動を推進する。本土から神職にある青年たちもやってくる。

 

本部は「沖縄県那覇市若狭1-25-11」沖縄県神社庁内にある日本会議沖縄県本部。つまり波上宮だ。

 

普天間基飛行場を、辺野古へ- 「沖縄県民の会」の署名にご協力を! « 日本会議

f:id:truthaboutokinawa:20180728234209p:plain

  

無論、こうした「統合縮小実現」とは名ばかりの巨大な辺野古新基地建設の推進署名に心底驚愕し、怒りでうち震える沖縄県民から、沢山の抗議も寄せられた。

 

しかし、

 

なんということか、

本土から波上宮に送られてきた日本会議の専従職員は、

 

その県民から送られてきた署名の抗議を、呪いの手紙」と称し、大量にフェイスブック上に公開し、仲間うちで笑い興じていたのだ !!!

 

f:id:nagowaykata:20170319155914p:plain

※ なお、この日本会議メンバーによって公開され「呪いの手紙」や「死者からの手紙」として晒され笑いものにされた大量の沖縄県民の抗議の書面については、のちの投稿で扱いたい。沖縄に潜伏する日本会議を暴くシリーズはまだまだ続く。

 

反対意見をよく見るとわかるように、県民はあくまでも、ウチナーである会長の 中地会長に反対意見を書いている。

 

しかし実際には、日本会議右翼団体が集め、集められた署名は全て波上宮に送られた日本会議の沖縄専従スタッフ坂本の手に渡った。

 

いくらでも捏造できる状態。

 

後に検証するように、怒号をもって迎えられた署名集めに難渋したプロ右翼たちは、のちには若年層にターゲットを絞り、クラブ活動帰りの中学生や小学生をねらって署名を求めていった。

 

しかも、「県民の会」といいながら、全国から封書で届けられた大量の署名は、どこの誰がどう集めたのかもわからない。

 

名前に騙され署名した人も数しれずだろう。なんせ、「米軍基地を統合縮小」と謳っているのだ。

 

封筒を束ね、7万~8万の、大量の署名が集まったとアピールする日本会議

 

11月25日、国会で菅官房長官が7万を超える署名が集まったと宣言


沖縄基地問題解決へ、辺野古移設推進署名運動に沖縄県民7万3491名を達成!! ―菅官房長官は「7万署名はありがたい」と答弁 « 日本会議

平成25年11月26日

 

f:id:truthaboutokinawa:20190913183020p:plain

 

《抜粋》

沖縄県選出の自民党議員、5人全員が辺野古移設容認を表明

 

また、官房長官は翌11月25日国会において、「沖縄県民の皆様方が、当初5万の署名、それをこえる7万数千人の方が、辺野古移転への署名をされたということでありますけれども、大変にありがたいことだ」「我が国を取り巻く安全保障環境が、極めて厳しい中で、その抑止力を保ちながら、また普天間飛行場の危険除去というものも、一日もはやく実現しなければならない中にあって、最良の選択が辺野古への移設だと考えている」参院・安全保障特別委での中山恭子議員への答弁…《ご参考②》)と語りました。

 

こうした県内世論の変化を受けて普天間飛行場の県外移設を主張していた自民党の国会議員3名 (国場幸之助比嘉奈津美宮崎政久衆院議員) は辺野古移設容認」へと政策を転換しました。

 

「県民の会」では、仲井真知事が辺野古の埋め立て承認を表明するよう、引き続き署名活動を地元名護市などで重点的に推進することを申し合わせました。

 

そう。

日程まで計算済み。

  

すべては、沖縄県民の辺野古容認という、ありもしない「県民世論の変化」を演出するためだった。

  

11月25日、同日、沖縄自民5議員が辺野古容認へと転換

 

そう、菅の国会答弁と日を同じく、11月25日の自民党議員5人の公約転換は、偶然の一致などではない。

 

f:id:truthaboutokinawa:20190913184354p:plain

石破氏は19日に県外移設を求めてきた国場、比嘉、宮崎政久(比例九州)の3衆院議員らと会い、25日までの辺野古容認を求めていた。3氏は週末に地元関係者と調整し、宮崎氏は24日に普天間の固定化回避などを理由に容認を表明。国場、比嘉両氏もこの日の会談で政府・与党の方針を受け入れた。

普天間移設で自民5氏、辺野古容認 県連も転換へ - 琉球新報 2013年11月26日

 

この署名集めは、沖縄に潜伏した日本会議が中心となり、「沖縄世論が辺野古推進にかたむいた」という演出、その偽の証拠づくりのためだった。

 

① 県外移設を主張していた沖縄自民党の国会議員に「辺野古移設容認」政策転換への口実を与え、

 

② 仲井眞知事の埋め立て承認を強力に後押しするための、

 

偽の「県民世論の変化」演出工作だったのだ。

 

11月28日、自称「県民の会」が署名を知事公室に届け記者会見

 

11月28日と 12月18日に

知事公室に署名を渡し、記者会見。

 

署名の手公式でを知事に手渡したのも、

あの日本会議の専従職員坂本らだ。

 

12月25日、東京で仮病中の仲井眞知事が安倍総理と会談

 

そして仲井眞が動く。

すべては計算済みである。

 

自称「腰痛」で東京都内の病院に入院中といいながら、安倍総理を始め、激しく複数の自民党議員らと接触。その間、「政治判断に県幹部が入り込む隙はなかった」と伊波洋一議員は述べている。

 

 

https://mobile.twitter.com/ihayoichi

f:id:truthaboutokinawa:20180728234804p:plain

 

f:id:truthaboutokinawa:20190913191351p:plain

 

12月27日、仲井眞知事の「辺野古埋め立て容認」

 

そしてあの 27日がやってくる。

 

仲井眞知事は県民との公約を破り

辺野古の埋め立てを承認」した。

 

仲井眞知事不在の県庁は、

文字通り混乱の渦に投げ込まれた。

 

怒りと困惑で県庁に押し寄せる県民、押しかける報道人。

そして二重にも三重にも警備を固めた県庁舎。

 

f:id:truthaboutokinawa:20170814013642j:plain

日本会議の職員、坂本が県庁の上階から撮った写真。県民は外に、日本会議は内に。そして上階からほくそえみながら県民の混乱を見ていたのだ。 

 

その未曽有の大混乱の県庁ロビーを、ゆうゆうと素通りし、県庁内に入っていく者たちの姿があった。

 

坂元ら日本会議の面々である。

 

沖縄「県民の会」を名乗りつつも実に県外からやってきた日本会議の面々は、バリケードと警備員、さらには職員まで動員した警備で厳戒態勢となっている庁舎にスルスルとお通しされ、「宣言文」なるものを手渡した。

 

「知事公室の中で」仲井眞知事を「熱烈に支持する」宣言文の手交式を行い、「笑顔で受け取っていただきました」とな。

 

なにが「県民の会」だ ?

 

最初から最後まで、仲井眞埋め立て承認を可能にするための、日本会議が東京で仕組んだ「沖縄県民世論の偽装工作」じゃないか。

 

そしてあの記者会見だ。

 

f:id:truthaboutokinawa:20170814110051j:plain

※ 一番奥に座っているのが日本会議の坂本だ。

 

日本会議が「県民の会」のふりで署名集めをするという、その特命を担い、怪しげな極右団体を各種使い回してかき集めた署名の「8万名突破 !」

 

このこと自体が、今にして思えば、安倍政権と日本会議の作りあげた「まやかし」だったのだ。

 

その時、彼らが知事公室に提出した宣言文は以下の通りだ。

 

仲井眞知事の辺野古の「公有水面埋立承認申請書」承認を熱烈に支持する[宣言文]

 私たち、「基地統合縮小実現県民の会」は、仲井眞知事が辺野古の「公有水面埋立承認申請書」を承認されることについて、その英断を熱烈に支持します。

「基地統合縮小実現県民の会」のもとに、辺野古の「公有水面埋立承認申請書」の承認を求める80,442筆(名護市12,981筆、宜野湾市13,242筆など)の県民署名が集まっております。署名を提出した県民が知事の承認のご決断を支持しています。

 知事のご決断により、「世界一危険な基地」と言われ続け、日米合意後17年間動かなかった「普天間基地」の危険性は除去され、確実に基地負担は軽減されます。

 今後、沖縄の基地問題は解決に向かい加速され、返還された広大な跡地は、沖縄県全体の発展のために広域利用され、沖縄の未来は輝かしいものになると確信致します。

そして、仲井眞知事の承認のご決断は、沖縄発展の歴史に深く刻まれることになるでしょう。
ここに知事の英断に敬意を表し、県民の会として支持を宣言致します。

平成25年12月27日
基地統合縮小実現県民の会
会長 中地昌平

 

日本会議の専従職員である坂本は、その特命を終え、混乱する県庁と県民の怒号をしり目に、こう書き記している。

 

バンザーイ\(^o^)/

しかしその後、県庁に左翼がなだれ込みひどい状態に!
つまみだせー!

 

f:id:ospreyfuanclub:20190914121916p:plain

コメント欄にはファンファンクラブの栗秋琢磨やチーム沖縄の小栗ヒロ、シーサー平和会議の田野まり子が名を連ねていることにも注目。三人とも県外から沖縄に移住し右翼活動をしている者たちである。

 

あの日、12月27日。

 

沖縄県庁は日本会議にのっとられていた。

 

そして抗議に押し寄せた県民のほうが追い出された。

 

つまみだされるべきは、

日本会議とそれにつらなる極右団体ではないか !

 

日本会議

にだまされるな !!!

 

f:id:truthaboutokinawa:20190913194942p:plain