沖縄県知事選挙デマ ④ 大麻デマ 上念司は安倍御用 bot なのか - デマブログがたちあがる、そしてそのデマを連続拡散し続ける加計学園 岡山理科大学「客員教授」上念司の手動 bot

f:id:truthaboutokinawa:20180927052143p:plain

まさに安倍政権の人間ボット。毎回手動でデニー候補のデマを大量投稿する加計学園の「客員教授」上念司と、大麻デマ。

 

沖縄選挙デマは東京からやってくる

 

デマの暴風だ。

 

沖縄で選挙となると、

必ずデマが東京から押しよせる。

 

いや、なぜこんなカスのようなデマにまで時間を割かれなければならないのだろう。

 

記録しておく。

 第四弾の今日は、大麻吸引デマだ。

 

<< 追記 10/2 >>

 

逃げ足だけは早いな。

 

県知事選挙が終わり、二日目の今日。あの「沖縄県知事選挙2018.com 」サイトのアカウントや動画などがごっそりと姿を消した。そしてまた大麻吸引デマの怪文ブログも姿を消した。

 

最後は政治ライター丸出しで、あれだけ偉そうに自分の正義を主張していたくせに、選挙が終われば、あっという間に姿を消けす (笑) 。

 

まあご心配なく。大麻デマブログの投稿、ぜんぶ魚拓をとらせていただいた。下記のそれぞれの引用の頭に、赤文字で魚拓のアドレスをのせているのでご安心を。

 

汚いやり方

これがデマというやつだ。

 

 

まず、

ことの始まりは、

一つの怪しいブログの立ち上げからだ。

 

沖縄県知事選挙で、玉城デニー候補の「大麻吸引デマ」を捏造するだけに作られた、にわか仕立てのハテナブログ。

 

選挙公示日の3日前、

9月10日に初投稿である。

 

(しかし、この投稿日時は後からいくらでも自由に設定できるものである。これが本当に10日に書かれたものかは明らかではない。)

 

デマブログ作成9月10~12日といえば・・・

 

あの小沢別荘利殖デマを作りこんだ謎サイト沖縄県知事選挙2018」のサイト発信が東京荒川区の M であるという事でメディア (BuzzFeed Japan) などが追い、そしてひっそりと姿をくらませた時期でもある。

 

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

あの謎サイト「沖縄県知事選挙2018」と入れ替わるようにして登場した、この大麻デマ・ブログ。その関連はわからない。

 

が、のちに確認するように、このブログでも小沢別荘のことに詳しく触れ、独自の現場写真まで出している点が興味深い。

 

そして、このデマブログも東京から、だという

 

東京在住の「旧沖縄県人」と語るブログ主。しかし、下に分析するように、まったくウチナーの言葉も想い出も、何もない。まったくウチナーらしさを感じない内容。つまり、情報を集めただけで十分ライティングできる内容である。

 

最初の投稿における文はたどたどしい稚拙さをかもしだしているが

 

その文体が、のちに急速に豹変していくさまは、かなりの爆笑ものなので、

 

まあ、本当にとるにたらぬくだらないデマだが、

暇なときにでも読んでみてもらいたい。

 

9月10日 第一回目 - 拙い (つたない) ながらも

 

魚拓 http://archive.is/iPuUp

東京で聞く沖縄へのイメージは実際と全然違う。 - 2018年沖縄県知事選について考えるブログ。

はじめまして。拙いながらも沖縄県知事選に向けて自分の思うところの文章を書いていきたいと思います。今回翁長知事の突然の訃報に改めて哀悼の意を示します。翁長知事、大変お疲れさまでした。安らかにお眠りください。

 

さて、私は仕事の関係で都内にいる。元沖縄県人です。身バレしないように、いろいろと嘘を交えながら書いていくので、ご了承ください。

東京にきてまず感じたことは、沖縄のことがあまり知られていないんだなということです。もちろん、他の都道府県についてもおなじようなもんだと思うので、沖縄だけ強く意識しろということでもないのですが、思っていたよりも沖縄に対してはすごく良いイメージが多いんですよね。それはいいことなんですが、要するに基地問題とかメディアではすごく本土でも報道されているけれど、一般の方々はそんなのもあるよねーくらいで、米軍基地のことなんて無関心なんだなと、改めて感じるわけです。

・・・・

今度の県知事選挙に出る佐喜真淳さんは宜野湾市長でしたが、この普天間基地の一部返還を達成させたんですよね。まだ手続途中なんですけど。なので、地元での信頼度は高いです。

 

 

しかも、さりげなく、佐喜真淳が基地を返還させたというデマまでのせているので笑えるが。もうこの時点からブログの意図が見え隠れする。

 

また、嘘の中にも必ず真実が刻まれる。後で多少つじつまが合わなくても、「嘘を交えながら書いた」と書いておけば大丈夫だと思いこんでいる点は、この人間の抜かりなさを表している。

 

9月12日 第二回目 - 大麻吸引デマを御開帳

 

魚拓 http://archive.is/nzN5n

玉城デニーが働いていた音楽関係企画事務所を隠す理由。 - 2018年沖縄県知事選について考えるブログ。

 

今から35年前くらいになるでしょうか、このスタックプロモーションでは大麻事件がありました。社員の中に大麻を吸っているものがいると噂があり、通報騒ぎにまでなったのです。当時の親会社であった沖縄ホールサービスの〇〇代表(現:宜野湾市観光協会顧問)と〇〇氏(現在は沖縄ロック界の大御所)が社員各々に対して、大麻をやっていないか確認をとったところ、複数の社員が大麻を吸っていたことが判明したというものです。

 

さて、すぐに本題に入ってくる。

 

実在するような団体や名前が出てくるのでリアルに思えるが、

 

実はこのような文章は、調べたらわかることばかりが書いてあり、「暗い」というネガティヴな印象が一つだけあるのみで、しかもそれもデニーの「アイドル写真」一枚から見た印象を書いているだけに過ぎない。どれもこの書き手が実際に経験した思い出は一つも書かれていない。

 

そして、これは最初から大麻デマを拡散するためだけに作られたにわか仕立てのブログである。ブログだけであれば拡散したりはしない。通常考えられるのは、

 

1) 書いた本人が SNS に投稿する

2) 検索で偶然見つけた人が SNS に投稿する

 

というものだが、どれが最初なのか、不思議なことに、少なくともこのアカウントはすぐさまこの記事を、同じ日に Twitter に投稿している。

 

しかし大麻疑惑はそれ以前にすでにウヨ水面下で拡散していた模様。

 

shshi on Twitter:

https://ja.whotwi.com/antishinpt/tweets

f:id:truthaboutokinawa:20180925043622p:plain

しかもこの後 shshi は、さんざんデニーをディスった後、9月15日以降このアカウントから一切の投稿はない。ぷっつりと。

 

9月13日 第三回目 - 小沢別荘利殖デマ

 

笑える。

 

ブログ主の正体がどんどん現れ、文体がやけに政治ライターのプロっぽくなってますがな。

 

しかも東京にいながらして、友達に即座に現地の写真を即送ってもらえるらしい (笑)。

 

魚拓 http://archive.is/9i30x

宜野座村にある小沢一郎の別荘について - 2018年沖縄県知事選について考えるブログ。

こういう感じです。かなりの豪邸であることがわかります。最近話題になったからか、地元の友人が入口隠してると聞き、写真を送ってもらいました。

f:id:truthaboutokinawa:20180925044200p:plain

 

小沢一郎は、玉城デニーを沖縄の楔として強化するために、別荘を作り、玉城後援会を別荘建設費で潤すことで、選挙を盤石にさせたのだと思います。しかも、辺野古のそばに作ったことで、この小沢の金で潤った地元の方々は辺野古移設反対の運動にも協力してくれて、小沢一郎の意向が辺野古のキーカードになることをたくらんだのだと思います。こうして、小沢一郎は沖縄での権力を確保し続けたのだと思います。あくまでも私見ですよ。

 

どうだかね。

 

これ、政治ライターの文章だろ 笑。

 

元うちなーの一般人が書いている風を装いながら、

 

こういう玉城デニーを沖縄の楔として強化」だのというきわめて抽象的で冷然とした政治の比喩表現など、かなり抽象的な政治的言論にこなれていなければ出てこない表現だ (笑)。

 

9月17日 政治知新というまとめサイトで拡散される

 

そうして怪文書のオマトメ記事ができあがり、デマが拡散するが、

 

seijichishin.com

 

その「政治知新」の情報源は、

この怪文ブログだけ (笑)。

 

裏どりも簡単にできるはずだが、裏どりするわけもない。真実よりもデマのほうを重要と考えるのが「政治知新」なのだろう。

 

そして

むろん根拠なきクズデマとして嘲笑の的になる。

 

9月19日 週刊新潮 - 社長「あの話は全くの嘘」とデマ認定。

 

週刊新潮当時の社長や関係者に取材し、まったくのデマであることを証明。

 

饒速日 on Twitter: "追加で調べてみましたが、大麻もやはりデマのようですね… "

f:id:truthaboutokinawa:20180925060650p:plain

 

 

9月19日 第四回目 - ブログ主、完全に文屋の文体に戻る (笑)

 

で、最初は、あんなに「拙い」文体で始まったのに・・・・(笑)、さあ、とうとう正体が現れた。

 

魚拓 http://archive.is/SvpW3

玉城デニーの大麻騒動についてフェイクというならば、松谷秀夫宜野湾市観光協会顧問に確認していただきたい。 - 2018年沖縄県知事選について考えるブログ。

 

案の定、この情報はフェイクだと叫ぶ方々がいらっしゃったが、私のブログでは

大麻吸引をしていた社員を松谷秀夫社長と喜屋武幸雄代表が烈火のごとく説教し、全員に今後大麻をすいませんと書いた誓約書にサインをさせてたとのこと。誓約書には玉城デニーの名前もあったという話です。スタックの名前を隠した理由はその点にあったのかもしれません」

と書いたに過ぎない。

 

事実確認をせずにフェイクだなんだと批判されても困るので、事実確認の為に当時の沖縄ホールサービスの社長をやっていた〇〇氏に当時のことをご確認願いたい。

 

笑える。

理解できないのかな。

 

事実確認済みだから、デマだと言っている。

 

 

また文体も興味深い。もし最初の人物設定に戻るなら、「~と書いたに過ぎない」は「~と書いただけです」になるだろう。

 

「事実確認」「ご確認願いたい」以下、どれもかなり文体がね、なんというかね。。。 (笑) 。

 

そして、この怪文ブログは

再び沈黙の世界に沈んでいった。

 

明らかなことは、

 

① デマのためのにわか仕立て怪文書ブログ

➁ 一般人の「拙い」文章をよそおってはいるが、かなり粘着的な政治ライターが書いているようだ。

週刊新潮の取材で完全なデマであると判明。

  

しかし、なぜ今もこのデマが拡散し続けているのか。

 

 それは、理論や理性も通用しないネトウヨが意図的にデマを拡散しているからである。

 

上念司まさに人間 bot か !?  デマを生業とする「客員教授

 

上念司、大麻デマ投稿の「一部」をご紹介したい。

 

 

@smith796000 大麻 - Twitter Search

f:id:truthaboutokinawa:20180927045500p:plain

 

爆笑だ !

 

これは bot アカウントなのだろうか。

 

bot (ボット) というのは、人に代わって投稿などの作業を自動で行う機械 (ロボット)、コンピュータープログラム。ニコニコ大百科

 

いや、驚くことなかれ !

 

ヾ(´∀`*)ノ ウァハハハハハハハハハハ

 

上念司という人物は、涙ぐましいほどの勤勉さでもって、玉城デニー候補に対するデマ投稿を、何十回にわたり、毎回、すべて手動で ( ! ) 投稿している ! 

 

毎回、少しづつ文言が異なる点に注目していただきたい。なんという勤勉で忠実な働きぶりだろう。

 

 

もう、

人間 bot といっていい。

  

うーん、見るに堪えないな。

 

 

 

しかし、このように知性のかけらも感じられない「手動ボット」に膨大な労力をつぎ込む上念司が、

 

なぜ、岡山理科大学の「客員教授」になれたのだろうか。

 

f:id:truthaboutokinawa:20180927055727p:plain

 

カケ問題の擁護記事で、カケ「客員教授」に抜擢

 

国民の税金が不正に大量に投入された加計問題。

 

その「大学」の「客員教授」に

なぜ上念司が !?

 

 

教育機関、そして同時に研究機関の

最高学府である大学に、

 

なぜデマを手動で連続するような人間が、教授職に就くことができるのか。研究業績はあるのか。

 

皆さんも不思議に思うだろうということで、

そのあたりの「事情」をここに紹介する。

  

上念司さん岡山理科大学客員教授就任の経緯 | ちたろんのブログ

上念司氏: 私ね今日ね、加計学園に関してね週間文春から取材受けたんです。

私ほら岡山理科大学客員教授になりましたんで、どういう経緯でなったんですかって。

生田氏: そうだよ、だから上念さんが。有本さんもなったんでしょ?

上念司氏: 有本さんもなったんですか?ケントさんじゃない?

生田氏: あ、ケントさんか。

和田政宗氏: それ多分むちゃくちゃネジ曲げられて書かれますよ。

上念司氏: でもまあでもいいんじゃないですか。

足立康史氏: 取材があったの?

生田氏: 上念もグルだーぐらいの

上念司氏: あーまあまあいいんじゃないですか。一応ね、太いパイプがありますから。繋がってないですけどねー。笑。あれたまたまなんですけど、月刊 HANADA に私が加計問題について、まとめを書いて非常にわかりやすいということで、それを加計の関係者が読んで、で、上念さん面白いんで、1回講演に来て下さいと、もう職員も結構参ってるんでみたいなので。じゃあ励ましまーすって、まあ僕が知ってること喋っただけなんですけど、そうしたらもう皆さん凄く勇気づけられたらしく、その講演のあとに、せっかくだったら客員教授来年からやってもらえません?みたいな。

生田氏: 軽っ!

 

軽っ !

 

加計問題で、安倍総理を擁護する文章を月間 Hanada という右翼雑誌に掲載しただけで、

 

こんな御用聞きで「客員教授」になれるような「大学」に

 

なぜ我々の税金が大量投入されているのだろうか。

 

上念司は安倍政権の手動御用 bot である。 

 

安倍の御用ライター

その仕事を買われ、

 

これほどまでに涙ぐましく

手動でデマを連続投稿。

 

加計問題擁護の三文記事をかわれ

それで「客員教授」になれる大学がある。

 

カケ問題

投入された税金を返せ !

 

 

上念司は中央大学卒なのか。

中央大学広報もびっくりだな。

 

 

 

 

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

uyouyomuseum.hatenadiary.jp