Osprey Fuan Club ねとうよ対策課

沖縄に関する様々なフェイクニュースを検証し、ファクトを発信するブログメディア

衆院補選2019 ⑥ 即席「不倫デマブログ」の駆け込み工作 ~ 県知事選「大麻デマブログ」の再来が、なぜ今回はなぜ不発に終わったのか

f:id:truthaboutokinawa:20190514164827p:plain

 

毎度だが

 

沖縄が選挙の季節になると

デマと謀略の暴風が吹き荒れる。

 

今回の選挙では、

デマ工作も妙におとなしいと思っていたら、

 

投開票日数日前から、

いろいろ急にわいてきた。

 

5日前にだだっ広い沖縄3区に一夜のうちに大量に貼られていた謀略ポスターの謎。

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

そして間髪あけず出てきたのが、

今回検証する即席デマブログ。

 

あたかも、

島尻選対に勢いがないことに

焦りまくりで出ててきた感が満載の

 

なんと投開票日2日前、

 

いわば、

駆け込みデマ工作

 

ハテナブログで

即席ブログをつくりデマを拡散、

 

このパターンからし

おもいっきり既視感なのだが。

 

即席デマブログが立ち上がり、SNSまとめサイトと上念司が拡散した大麻デマ。

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

今回も、

パターンは同じである。

 

即席デマブログが立ちあがる。

 

さんざん声高にデマを吹聴するが、

 

選挙が終わった途端に、さっとブログを削除し消える。

 

あたかも犯罪者が犯罪現場から証拠を拭い消すように、こっそりと痕跡を消す。

 

が、しかし、

覚えておいてほしい。

 

すべてのデマはデマ主の痕跡を残す。

 

今回も、

検証していきたい。

 

衆院補欠選挙、即席不倫デマブログの正体とは。

 

 

さて、

必ず出してくると思ったよ、

定番の女性スキャンダル偽造。

 

県知事選挙時の「隠し子」スキャンダルは、まさかの出血大ブーメラン。

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

今回は、これだ。

 

f:id:truthaboutokinawa:20190424070733p:plain

http://archive.is/zqknu http://archive.is/Kih3w  https://megalodon.jp

 

以前の大麻ブログを細かく文体分析した当クラブに言わせてもらえば、もちろんそっくり同じ文体である。

 

しかも、時々、県民が軍用地主であったり米軍住宅所有者であることをあたかも基地で儲けてる、などと批判しているが、

 

こういう意味くじわからんことを騒ぐのはだいたい沖縄の歴史と地理を知らない本土の者である。

 

※ だいたい在沖米軍基地は今も沖縄本島の約15%もの面積を占有している。その上、基地内の贅沢な施設群では物足りず、多くの兵士が基地の外に住宅をもち住みたがる。基地と隣り合わせの沖縄では、こんなことは当たり前。本土の感覚で騒ぐほうがおかしい。兵士が基地の外に住むことを「思いやり予算」の贅沢住宅手当で推奨しているのは、何を隠そう、この日本政府だというのに。

 

この謀略ブログでも、米軍住宅の話は単なる前菜に過ぎず、メインは、あくまでこのブログのタイトルが示すように、不倫デマ

 

大麻デマの時と同様に、このブログ内容も、おそらくは前から報道機関や選対などに謎メールとして送られていたのではないか。入手した話では、このブログ以前からこのデマは両陣営選挙関係者にも話がまわっていたときく。

 

しかし !

 

むろん誰も食いつかなかった。

 

デマの泥船だからである。

 

それで、

捨て身でこのデマブログをツイッターで拡散したのが、

 

この二つのアカウント。

 

① 「ガレリーア」公職選挙法を公然と無視し、自動配信で投開票日もデマを投稿し続け、翌日ごっそり消え去る悪党アカウント

@mgtyn7semceshe 

f:id:truthaboutokinawa:20190423114708p:plain

 

ブログ登場の同日19日の午前中にスタートし、1時間ごとにデマブログをツイッターに自動配信するボット・アカウント。ブログ主が作成したと思われる。

 

2回目のツイートからいきなりデマブログを拡散し始める。

f:id:truthaboutokinawa:20190423165718p:plain

 

さらにタチが悪いのは、このボット・アカウント、投開票日当日もデマブログをツイッターで投稿し続けていたのだ。これはもう歴然と公職選挙法違反である。

 

http://archive.is/ZPjMt

f:id:truthaboutokinawa:20190423171653p:plain

投開票日の21日もデマを発信し続けたアカウント。

 

これほど声高に、さも真実のように喧伝しながら、

選挙日当日も、公職選挙法を完全無視やりたい放題。

 

で、いったん選挙が終われば、またたく間に「ガレリーア」はアカウント自体を削除してネットから姿を消す

 

こういう悪質なデマ・アカウントの身元を追い、なんとか取り締まる法はないものか。

 

もう一つのアカウントは

 

➁ 「物言うおじさん」最もデマ元に近いアカウント

以下に見るように、

 

明らかに本土の人間がやっているこのアカウントは、即席デマブログの作者とごくごく近く、同じグループであり、かつ、リーダー的なデマブログの作者よりも、明らかに細かい仕事ができない小物である。

 

そもそも、本土在住なのに、那覇市長選挙のころ、沖縄にやってくるという人物とは、いったいどんな人物なのだろうか。

 

物言うおじさん on Twitter

f:id:truthaboutokinawa:20190423201309p:plain

 

昨年10月は、那覇市長選という地方選挙にオナガ政俊氏のリツイを繰り返す。

 

f:id:truthaboutokinawa:20190423201737p:plain

 

まさに懸命の選挙活動だ。

 

 

どうやら、このアカウントを作る前には、沖縄県知事選挙に膨大な労力をつぎ込んでいたようだ。

 

自分の持てるだけの物、使える限りの時間を沖縄県知事選挙にかけたのに、と悔しがる。

 

デマブログが朝方に完成し、拡散用アカウント「ガレリーア」が動き始めると、この「物言う」も、この不倫デマを投稿し始めた。

 

これが最初の投稿。

 

4月19日12:13投稿

 

この「世代を問わず屋良候補の女性票離れにつなげられる」という言葉のあたりは、

 

もう選挙関係者、あるいは選挙屋の匂いしか漂ってこない。

 

そして、この「物言う」が、選挙情報屋ではあるが、明らかに沖縄在住ではないことを示すツイートが続く。

 

例えばこれ、

f:id:truthaboutokinawa:20190423195929p:plain

沖縄県民は「タイムズ」と言わない。

この人物は、沖縄選挙情報にここまで詳しいくせに、沖縄タイムスのことを、繰り返し繰り返し「タイムズ」と記す。バレバレである。

 

これは昔から古典的な県民リトマス紙ネタ。

❌「タイムズ」ではない、

⭕「タイムス」だ。

 

❷ 沖縄には中城村伊舎という地名はない。

中城村伊舎ではない。

中城村伊舎堂だ。

これも県民なら、ありえない間違い。

 

➌ 屋良氏が「中部支社編集部長」をしていたことはない !!!

大麻デマブログと同じ匂いがするのは、このデマの作り方だ。かなり硬派な政治屋の文体で、一部の事実にデマを混ぜ、もっともらしい虚構を作る。

 

屋良氏が「タイムス中部支社編集部長時代」といえば、こうした細かい仕込みで、すっかり本当らしく思うかもしれない。

 

しかし、だ。

 

屋良氏がタイムスの中部支社で編集部長をしていた経歴は、一切ない!

 

どうやったら「中部支社編集部長」をしたこともない人間が中部支社の「部下」と不倫できるのか。

 

➍ AV女優の名前を使ってわざと特定困難に !?

即席不倫デマブログには「自分の部下にあたる年下の女性 (NRさん) 」とイニシャルで書かれているが、

 

なんとこの「物言う」アカウントは、具体的な「実名」まで出してきた。社内の役職から、具体的な女性の名前まで、ここまで fabricating (デマ作り上げ) すれば、知らない者は安易に信じてしまうかもしれない。

 

しかし、仕事のキャリアも女性名もすべてウソである

 

ちなみに、この女性名を検索してみよう。

 

f:id:truthaboutokinawa:20190423212237p:plain

 

AV 女優の名前じゃないか !

 

意図的に AV 女優と同じ名前を使ったのは、ネットで条件検索した際、有名人の名前ばかりが大量にでてきて、個人特定されにくくするためだ。

 

➂ 県知事選のデニー大麻デマブログ」と、今回の屋良「浮気デマブログ」の共通項

 

さて

ここまで検証してきたが、

 

沖縄県知事選挙の時に悪質な大麻デマを拡散したブログと、この即席不倫デマブログには、多くの共通点がある。

 

❶ 同じハテナブログを使い、
❷ 粘着的政治屋の、二つともそっくりな文体で、
➌ 一部の事実にデマを混ぜ、もっともらしい虚構を作る。
➍ 選挙が終われば翌日に姿を消す。

 

しかし、大量に拡散された県知事選大麻デマに比べれば、この即席不倫ブログなど、驚くほど拡散されなかった。

 

あのボギー手登根すら拡散しなかった、

 

島尻選挙陣営側には、ブログ公開以前からこの話は知られていたというが、

 

選挙陣営はもちろんだが、ネトウヨすら食いつかない残飯のような存在だった。

 

それではなぜ今回、ネトウヨまとめサイトも動かなかったのか。

 

大麻デマの拡散経路を見てみよう。 

 

沖縄県知事選挙2018 大麻デマ ~ 選挙のためだけにデマを醸造するプロの政治デマ屋と、そのデマを拡散しまくったまとめサイトと上念司

f:id:truthaboutokinawa:20190423224438p:plain

 

大麻デマ拡散のまとめサイト『政治知新』が動かなかった!

 

9月12日大麻デマブログが公開され、それが拡散したのは、9月17日、あの昨今話題となっている『政治知新というネトウヨまとめサイトか記事にすることで、一気に拡散した。

 

ところが、

今回ばかりは政治知新』も動かなかった

 

いや (笑)、

動けるわけもないだろう。

 

4月12日の『政治知新』身バレ事件

なんと『政治知新』運営者が、

なんと身バレしてしまったのだから。

 

沖縄県知事選で大麻デマを拡散したデマサイト『政治知新』 - カウンセリングして、デリヘル経営して、日本未成年自立支援協会副理事しながら、自民党の役員や秘書やってた県議会議員の件

f:id:truthaboutokinawa:20190423225714p:plain

 

 

現時点でわかっていることは、

 

デマまとめサイト『政治知新』の運営者は、安倍総理直々に桜を見る会に招待されていた男。

 

そして彼の共同取締役のは、なんと官房長官が一押しした神奈川県議の男性だということが分かっている。

 

神奈川県議であり、自民党県連の役員を務めている兄は安倍の「桜を見る会」に招待されていないのに、

 

なぜ「一般人」である弟のほうが「桜を見る会」に招待されているのか、

 

なぜ当事者がみとめている『政治知新』関与を、メディアは実名をだして報道し追求しようとしないのか。

 

ともかく、

 

吉良よし子議員の不倫デマ拡散で『政治知新』管理人が身バレしたのが、今月の4月12日のこと。

 

そして、この屋良朝博氏の即席不倫デマブログ公開が、4月19日

 

いかに、政治知新兄弟が官房長官安倍総理大臣の親しい関係であろうとも、

 

同じ不倫デマを記事にして「身バレ」に火に油を注ぐわけにもいかないだろう。

 

そんなこんなで、

 

この即席不倫デマブログは

着弾することなく宙に浮いたまま終わり、

 

そして

 

選挙が終わった次の朝には

デマブログもボットアカウントも、

人知れずひっそりとネットの闇へと姿を消した。

 

こんな、沖ウヨボギー手登根すら拡散しなかった、卑怯なゴミ屑デマを作り出したのは、いったい誰なのか。

 

なかなか表舞台にはでてこないが、沖縄選挙に深く首を突っ込んでる、本土のネット選挙戦略を担う選挙屋の姿がちらほらと浮かぶ。

 

沖縄に

選挙の季節がくれば

本土から大量にデマが飛来する。

 

なんでも詳しく知ったげに語るが、

 

タイムスのことをタイムズなどといって

失笑をかい、馬脚をあらわす。

 

本土のメディアは

本気でファクトチェックに挑むべきだ。

 

選挙デマは

日本の政治の闇底から湧きいずる

 

ゆえに、逆説的だが、

 

ファクトチェックは、

政治の闇に光を射しもどす作業でもある。

 

本土メディアは

本腰入れて沖縄デマに取り組め !