ネトウヨ政治家・和田政宗議員の不都合な真実

 

To Facebook:

勝手に削除しないでいただきたい。削除の場合は理由を明示してください。再投稿させていただきます。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


これが、美しい「にっぽんのこころ」らしいぞ ( ゚Д゚)。

昨日、87歳になる一人のおばあが名護署に呼び出された。

沖縄戦を生き残り、辺野古に座り続ける87歳のおばあを、


な、なんと、「日本のこころを大切にする党」「日本会議国会議員懇談会」所属の参議院議員和田政宗氏が、警察に訴えたからだ。

 

f:id:truthaboutokinawa:20180320051534j:plain


どこのバカだよ。手登根氏や栗秋琢磨ら極右団体と一緒にゲートにやってきて、しつこくからんで、カメラをむける。


それで戦争の地獄を生きのびて、杖をつきながら辺野古にきている87歳のおばあがあっちにいけといった。そのふりあげた手を、暴力行為だと警察に訴える。


これが「オスプレイファンクラブ」「にっぽんのこころ」「日本会議」のやり方だ。


知識と教養が欠落しているだけではない、真の愛国と品位すら持ちあわせていない幼稚なネトウヨ議員。


和田、


もういいから、沖縄に来るな。

次の選挙では堕ちてもらうよ。

 

 


===========

手登根氏と和田政宗氏の辺野古来訪について
①「辺野古の異常な状況」

②「辺野古で不法占拠をやめるよう呼びかけ」

( 削除されたため、FBリンクなし)