この世には殴るよりひどい暴力というものがある


この世には殴るよりひどい暴力というものがある。

 

画像: 2016年10月22日(土) 琉球新報 31面

f:id:nagowaykata:20161022144335j:plain

 

右翼団体「日思会」とつるむ栗秋琢磨と一緒に

辺野古に現れた和田政宗議員、

沖縄戦の生き残りである87歳のおばあに

しつこく暴言を繰り返し、

 

極右団体「日思会」の車で乗り付ける栗秋琢磨。

f:id:truthaboutokinawa:20171223015013j:plain

 

f:id:nagowaykata:20170311185126p:plain

 

 

栗秋琢磨、手登根安則和田政宗

いい歳こいた大の男どもが寄ってたかって、

この87歳の老人に「暴力を受けた」と訴えた。

 

 

その卑劣漢らの出した被害届をうけ

名護署がおばあを呼び出し、

事情聴取しているときのことだ。

 

街宣カーでわーわーと名護署の外に押しかけ、

空襲警報 (サイレン) などを大音量で繰り返し流した。

 

沖縄の高齢者施設では
飛行機が建物の上を通る度に不穏になったり、
消防訓練のサイレンだけでパニックになる年寄りたちがいる。

 

だから沖縄の介護職は、
まずその事を念頭に入れるよう教わる。

 

この知識を悪用した、

性根の腐ったウジ虫の所業。

 

戦争の生死を分かつ壮絶な体験癒えない心の傷を、
攻撃妨害工作 (街宣車でサイレン) として悪用するという

そんな残忍な事を考え実行したのは、

 

さらさら美しくもない

下衆な「日本のこころを大切にする党」

和田議員の子分である、

右翼団体「日思会」と栗秋琢磨。

 

沖縄の老人介護施設で働いていた栗秋琢磨の、沖縄の年寄りたちがどんな沖縄戦PTSD を抱えているか重々知っての思いつきだ。

 

 

 

この者たちがどこまで性根の腐った奴らかは、

これで充分わかるというものだ。

 

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook