辺野古ゲート前ひき逃げ事件 ③ 辺野古で防衛局職員が抗議する市民に「日本語、分かりますか」と日本語で言う - ネトウヨと連携し、ネトウヨ化する日本の公務員ここにあり。

辺野古で、

防衛局職員が抗議する市民に、

「日本語、分かりますか」と日本語で言った、

 

その意味、分かりますか (笑)。

 

twitter.com

 

道で外国人に語りかけるときには、

英語かなにかで聞くだろう。

 

しかし、この辺野古では、

防衛局員が「日本語、分かりますか」と日本語で聞く。

 

何故ならば、

この言葉は、日本語が理解できないかもしれない外国人に対して発せられた発話ではない。

 

日本の公務員が、座り込みの市民に向けて語る、言外の意味を持つ発話行為なのだから。

 

語用論的に、この防衛局員がなにを言おうとしているのか分析するより、沖縄タイムスにぶら下がる単純なネトウヨが単純にこの防衛局員の「言外のメッセージ」を解説してくれているので、少し引用しよう。

 

渾名は司@沖縄を取り戻す on Twitter

 亜人ばかりたから(^_^;)

沖縄タイムス含めてね ♡

ハガネノメシア on Twitter

 だからなに?辺野古で喚き散らしてる輩共の何割かは支那朝鮮人なのはもうバレてんだよ!もうお前ら反日偏向マスゴミは、沖縄の癌細胞でしかない。 

元気 on Twitter

 外国人と在日とテロリストしか居ないからね

 

今、海外では、ヘイトクライムの温床となっているヘイトグループを野放しで常態化させないためのさまざまな取り組みがすすめられている。

 

 

一方、この日本では、憎悪犯罪醸造 (hate brewing) するヘイトグループをモニタリングしヘイト対策をするどころではない。

 

防衛局、それ自体がネトウヨたちにネタを提供し、

ネトウヨのヘイトを養い、

ネトウヨ動員を活用しているのだから。  

 

昨年の11月にネトウヨ世界が拡散したあやしげな「資料」は、直接、沖縄防衛局からチャンネル桜に提供されたものだったという。

 

それをネトウヨ栗秋が証言した。

 

 

 

 

twitter.com

 

防衛局が、ネトウヨ化し、

ネトウヨが、防衛局の片棒を担ぐ。

 

ヘイトグループを放し飼いする日本政府は、

こうやって国民の弾圧にネトウヨをけしかけている。

 

きたない右翼政権の連携だ。

 

twitter.com

 

公務員が、抗議する市民に、

日本語で「日本語、分かりますか」という、

この狂言国家。

 

しかし、

その防衛局員に聞きたい。

 

民主主義や、憲法の精神とはなにか、

市民権について考えたことがありますか。

 

平和について戦争について、思考停止しないで、

自分の頭で考え、行動したことがありますか。

 

自分の仕事がこの島の人たちのために役立っていると、

そう末代まで確信を持って伝えることができますか。

 

あなたは、うちなーの「言葉」が、

本当の意味で理解できますか。

 

 

f:id:truthaboutokinawa:20170829174058p:plain