うようよ Twitter Japan がまた ! あの櫻井よしこを訴えた植村裁判を実況中継のさなか、IWJ のツイッターアカウントを次々凍結させる - あ、櫻井よしこに「いいね」する上級執行役員がいるからか

f:id:truthaboutokinawa:20181110115840p:plain

 

さて、

みなさんはどう思うか。

 

なぜ Twitter Japan は

レイシストアカウントの報告を放置し、

カウンター側のアカウントを凍結させているのか。

 

アカウントの凍結は、投稿の一時中断という事だけではない。過去すべてのツイートが、勝手にツイッター社の削除により抹消されるという事だ。

 

まったく思い当たることがない。

 

しかも、申立してもツイッター社が凍結のまっとうな理由を伝えることはない。

 

過去に peppar さん永久凍結の件もお伝えしたが、

 

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

なんと今回は、

 

講談社ノンフィクション賞も受賞している著名なフリージャーナリスト岩上安身氏率いる、あの IWJ(インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)のツイッターアカウントが凍結だ !

 

IWJ が、なにかレイシスト発言や誹謗中傷やデマを投降したとでもいうのか。冗談じゃない !

 

あまりに不透明なツイッタージャパンの運営。

 

ジャーナリストのアカウントを凍結したのだ。であれば、当然、凍結した理由を明示する説明責任が Twitter Japan の側に発生する。

 

今度こそ Twitter Japan は説明責任をはたしてもらわなければならない。

 

 

 

 

 

  

TwitterJapan 上級執行役員味澤将宏氏のおトモダチ、櫻井よしこが訴えられている裁判の報告で IWJ を凍結とか。

 

日本の far-right (極右) 言論人とつながる Twitter Japan の役員たち。

f:id:truthaboutokinawa:20170904091201p:plain

 

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

で、こちらが IWJ の記事。

 

iwj.co.jp

 

わかりやす過ぎで笑える。

 

日本の Twitter 社は、政権の情報戦略の役割でも担っているつもりなのだろうか。

 

Twitter,Vice President 兼 Twitter Japan 代表取締役の笹本裕氏が自民党本部で「Twitterの現在と政治での活用」の講演会。

山本ともひろ on Twitter

f:id:truthaboutokinawa:20181110112307p:plain

 

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

 

この日本がいまだ理解していないのは、ジャーナリズムとは政府の広報機関などではないということだ。

 

本物のジャーナリストは、シリアで三年間拘束された安田純平氏の例を挙げるまでもなく、現場に取材し、命がけで記事を書く。

 

それは国外だろうと、国内だろうと同じことだ。

 

  

そんなジャーナリストのアカウントを削除などと、Twitter Japan も、いい度胸ではないか

 

もし、Twitter Japan が特定の政党なり宗教なりを擁護する立場にあるというのなら、

 

アメリカ本社の Twitter 社から永久凍結されるべきは、うようよ Twitter Japan のほうだろう。

 

ちがうかね。

 

 

< 追記 >

三つの凍結された IWJ アカウントに加え、今朝になって4つ目が凍結されていることもわかった。

 

米軍基地問題を発信し続けてくれた IWJ 沖縄

だ。

 

解りやすすぎて

実に興ざめである。

 

Twitter Japan は日本のフリージャーナリズムを排除し、本格的に政府のネット政治戦略の片棒でも担ごうとしているのだろうか。

 

Twitter Japan がやっていることを、アメリカの Twitter 社は承知しているのだろうか。

 

< 追記 >