2018 沖縄県知事選 ➁ 再び佐喜真淳市長の不誠実な選挙戦術 - いつもの選挙前打ち上げ花火にまだ騙される人はいるのかな !?

f:id:truthaboutokinawa:20180826121433p:plain

 

またです !

あの佐喜真淳さん、

選挙前のサッキー公約ランドが再び始動 !

 

佐喜真氏「撤回あり得る」=沖縄知事選、争点回避狙う

au Webポータル国内ニュース

9月30日投開票の沖縄県知事選に立候補する前宜野湾市長の佐喜真淳氏は24日、那覇市内で記者団に、米軍普天間飛行場宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、「知事の立場でしっかり精査し、法令的な問題があれば、(埋め立て承認の)撤回もあり得る」と語った。佐喜真氏の発言は、辺野古の争点化を避ける狙いがあるとみられる。 

 

まあ、新基地建設に反対し続けた県民100人にアンケートをとっても、誰一人、佐喜真敦氏が知事となり、「辺野古移設」の埋め立て承認を「撤回」する可能性は「あり得る」と信じる者はいない。

 

時事通信社ですら「辺野古の争点化を避ける狙い」と、その佐喜真市長の不誠実な選挙戦略を指摘する。

 

これまでも見てみよう

佐喜真敦氏のビフォーアフター

 

選挙前

⇒ ディズニーを「県内誘致」

選挙後 

普天間基地を「県内移設」

 

ospreyfuanclub.hatenablog.com

 

選挙前

オスプレイ配備「反対」

選挙後

オスプレイ配備「反対」の「反対」

 

infocus.hatenablog.com

 

佐喜真敦氏の不誠実な選挙戦術、よほど知識がないものでなければこんな安っぽい嘘にだまされたりはしない。

 

しかし、

 

真に問題なのは、

 

この見え透いた嘘が、現在、辺野古新基地建設を強靭に推進する自民党公明党内で、県内移設反対をずっと主張してきた沖縄自民党の本当の保守、そして創価学会の本来の非戦の理念を持つ人々の心の揺れ、良心に苛まれている人々への鎮静剤として使用される、ということだ。

 

目の前の真実に

ちゃんと向き合って判断してほしい。

 

県内移設を求め続けてきた沖縄保守と創価学会の人々に言えることは、これしかない。

 

公務でボギー手登根らのネットテレビに出演する佐喜真市長。

f:id:truthaboutokinawa:20180826132412p:plain

この件についてはまた詳しく検証する。

 

 

f:id:truthaboutokinawa:20180826122021p:plain

 

2018 沖縄県知事選 ① 自民が擁立する宜野湾市長「佐喜真淳さん」ってどんなひと !? - 宜野湾市長という肩書でうようよ活動 !?

uyouyomuseum.hatenadiary.jp