我那覇真子、『中国共産党友の会』の板谷清隆とツーショットで街宣する姿が激写され、失笑をかう巻

f:id:truthaboutokinawa:20180630114730p:plain

中国共産党友の会」の街宣車両に乗り、沖縄復帰記念・日の丸大行進でマイクをもつ我那覇真子。運転しているのは板谷清隆。第7回 5.15 沖縄復帰記念 日の丸大行進 - YouTube  Thanks to 隆之介 on Twitter

 

素敵なツーショット写真が

激写されましたよ。

 

f:id:truthaboutokinawa:20180630080744p:plain

 

「沖縄は中国共産党に支配されるぅー」「沖縄の反基地運動は中共の回しものー」と叫ぶ、あの我那覇真子だが、

 

むしろ、実際に琉球独立工作機関・中国共産党友の会」と固い絆で結ばれていたのは、我那覇真子のほうだった。

 

  

あの 「中国共産党友の会」の赤いおじさんの正体、板谷清隆と、仲良くツーショットで街宣活動している我那覇真子が激写される (笑) !

 

暗躍する日本会議 ① 沖縄の「中国共産党工作員」の正体とは ( ゚Д゚) !

f:id:truthaboutokinawa:20180630225751p:plain

 

 

那覇は、番組審議会から厳しい勧告を受けたにもかかわらず、今だにラジオで、

 

沖回の平和運動はほとんどが偽物、中国共産党の革命運動をカモフラージュするもので、その目的はこの沖縄県に中国や北朝鮮のような左翼独裁共産主義体制を打ち立てること

 

などと尤もらしく布教活動に余念がないが。

 

しかし、それもこれも、

ぜんぶ自作自演

  

 

ご覧になってほしい。

 

上の我那覇真子板谷が乗っていた街宣車

 

第7回 5.15 沖縄復帰記念 日の丸大行進 - YouTube

f:id:truthaboutokinawa:20180630090323p:plain

 

 

そしてこちらが「中国共産党友の会」の街宣車

 

f:id:truthaboutokinawa:20180630100456p:plain

youtu.be

 

狭い沖縄で、

こんな小賢しい小細工をしてもね (笑) 。

 

頻繁に目撃される『中国共産党友の会』がコンビニでおにぎりを買う巻。

f:id:truthaboutokinawa:20180630091147p:plain

 

 

板谷清隆といえば、あの『星条旗新聞』の取材も受けた、「中国共産党」の工作員だと主張する日本会議工作員

 

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

f:id:truthaboutokinawa:20180630113024p:plain

 

 

同じ車で、中国共産党友の会を自ら演出しながら、かたや、反基地運動は中国共産党だというデマを醸造する。

 

こんな安っぽいプロパガンダを簡単に信じるネトウヨ勢。

 

ネトウヨ・ギークのデマ記事に気をつけよ

f:id:truthaboutokinawa:20180630122732p:plain

 

しかも、最近の我那覇真子は、我那覇父ともに、生長の家原理主義応用心理カウンセラー協会」スピ系活動を活性化している。

 

f:id:truthaboutokinawa:20180630110044p:plain

 

心理セミナーという名前で世直し右派カルト集会。

 

同じ生長の家原理主義でつながる森友学園の籠池氏は、我那覇ファミリーらが連なる応用心理カウンセラー協会の「阪神支部長」を務めていた。

 

 

また、板谷清隆新しい憲法をつくる沖縄県民会議のメンバーであり、日本会議の資金を得て関西から沖縄に移住したことも明らかになっている。

 

役員・評議員名簿/新しい憲法をつくる国民会議(=自主憲法制定国民会議)

f:id:truthaboutokinawa:20180630112029p:plain

 

その評議員の中には、あの當山正範が名を連ねる。普天間は原野だと言いだした、あの統一教会・世日フォーラム沖縄の當山正範である。

 

f:id:truthaboutokinawa:20180630112213p:plain

 

f:id:truthaboutokinawa:20180630113326p:plain

 

 

極右政治団体も極右カルトも、

混沌の地下茎でつながっている。

 

沖縄デマが醸造拡散されるのは、

まさにその暗い闇の場所からである。