沖縄二紙や TBS に偏向報道を正せなどと叫んでいた我那覇真子だが、正されたのは、我那覇真子のほうだった (笑) !

f:id:truthaboutokinawa:20171230005606p:plain

 

わざわざ TBS 本社に日の丸もって押しかけ、偏向報道を正せなどと先陣切って叫んでいたが・・・。

 

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

浦添市那覇市本部町のコミュニティー FM 三局で、差別的報道をしている我那覇真子らのラジオ番組「沖縄防衛情報局」について、三局は番組審議会を開催し、「改善の余地がなされない場合は、十二月末で終了する」と通達

 

那覇氏らは、「琉球新報沖縄タイムスを正す県民・国民の会」などという団体を展開し「沖縄二紙による嘘・偏向・捏造記事を正す」などといっているが、

 

実際、そんな極右の世迷いごとが世間で通用するわけもなく、正されたのは、我那覇ラジオのほうだった (爆) !

 

差別的放送「改善する」 出演者が地域FM局へ回答 番組は継続

沖縄タイムス

2017年12月29日

  沖縄県内のコミュニティーFMの一部が「沖縄防衛情報局」という番組で、差別的ととれる発言を放送していた問題で、同番組の出演者が浦添市那覇市本部町のコミュニティーFM3局に対し「改善し、番組を継続したい」と申し出ていることが28日分かった。3局は今後も番組を継続する。

「沖縄の平和運動ほとんど偽物」「リーダーは北朝鮮の回し者」 沖縄防衛情報局での主な発言

 

f:id:truthaboutokinawa:20171230001851j:plain


 3局は浦添市の「FM21」と那覇市の「FM琉球」、本部町の「FM本部」で同番組を毎週木曜日に同時放送している。出演者は「琉球新報沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の我那覇真子氏と父隆裕氏ら3人。

 本紙が9月、同番組を放送している沖縄市の「沖縄ラジオ」について差別的放送があると報道後、3局は第三者機関である番組審議会を開催。12月6日、出演者に対し「放送の改善がなされない場合は12月末で終了する」と伝えたところ、26日に出演者から「内容を改善し継続したい」と返答があったという。

 

そして我那覇側は「内容を改善し、継続したい」と返答があったという。

 

それで、番組は続行ですか。

甘すぎやしませんか。

 

 

第一、

那覇らの「沖縄防衛情報局」なる番組は、あの極右ケーブルテレビチャンネル桜沖縄支部の出演者とほぼ同じである。

 

ネトウヨ御用達のケーブルテレビ「チャンネル桜」ならまだしも、なぜこんな極右偏向番組を公共電波で流すことがゆるされるのか。

 

ラジオ ⇠ 我那覇父姉妹と極右ブロ"狼摩人日記”管理人の江崎孝

 

twitter.com

 

第二、

審議期間中も反省なく、「沖縄2紙・メディアによる嘘・偏向・捏造記事を暴いていきます、落下物はやぶ蛇だ、」などと中傷し、かたや、審議自体を「攻撃だ」「弾圧だ」などと被害者面でキャンペーン活動しているのだから。

 

チャンネル桜沖縄支部我那覇真子江崎孝

f:id:truthaboutokinawa:20171230003514p:plain

https://youtu.be/HVWRR-FKIjs

2017/12/20 に公開

平成29年12月19日火曜日に放送された『沖縄の声』。ブログ”狼摩人日記”管理人の江崎孝、”琉球新報沖縄タイムスを正す会”運営代表委員の我那覇真子が様々な沖縄の問題を取り上げ、沖縄2紙・メディアによる嘘・偏向・捏造記事を暴いていきます!

 

  

f:id:truthaboutokinawa:20171229232747j:plain

 

昔を思い出す、って沖縄戦の時代のことですかね。

twitter.com

 

 

しかし、まあいい。

 

我那覇真子が審議会の決断に屈し

「内容を改善する」と言ったのですね。

 

審議会のないように不服があるなら

申し立てをして断固戦えばいい、

それをしなかった。

改善するとして判断に従った。

 

今後もちゃんと見ていきますよ。

 

今回明白になったことだけは、

ここに記録しておく。

 

二紙を正すとか言っているが、

正されたのは我那覇のほうだった

 

ということだ。

 

f:id:truthaboutokinawa:20171229231004p:plain