ネトウヨ分析 ① :「自分の感違いは沖縄タイムスのせいだ⁉︎」

2017年3月15日

ネトウヨ分析 ① :「自分の感違いは沖縄タイムスのせいだ⁉︎」■

昨日の14日、我々は『エセ愛国者の「思い込み」から広がるデマ拡散の構図』という投稿をした。

オスプレイ不安クラブ - ■ エセ愛国者の「思い込み」から広がるデマ拡散の構図 ■... | Facebook

今日の投稿は、その続報である。

昨日、手登根安則氏は自身のFBにおいて、約1年前に発生した米軍人による性犯罪の報道を掲載した。その投稿と寄せられたコメントを読むと、以下の発見があった。

1. 手登根氏のフォロワーは記事の見出しだけでコメントする人びとである。(単純)

2. 貼られたリンク先の記事をチェックするも、日付を確認せずにコメントする人びとである。(誤認識・現状把握能力の不足)

3. 性犯罪事件では、襲われた被害者が悪いと考える人びとである。(セカンドレイプ)

4. 沖縄で発生した米軍人による性犯罪は、反米軍基地を主張する誰かが仕掛けたニートラップであると信じて疑わない人びとである。(陰謀論)

5. 自らを「沖縄通」である、または、「沖縄県民・沖縄出身」であるとしながらも、時が経てば、沖縄で発生した重大な事件・事故の記憶を削除する人びとである。(歴史認識の問題)

6. 自国民が米軍関係者による犯罪の被害者となっても、米軍万歳、日米同盟万歳する。(エセ愛国者)

手登根氏においては、① SNSという土壌にせっせと「デマの種まき」をし、その種をフォロワーが「育てる」という構図になっていること、② 昨年の参議院選挙において国会議員に立候補したにも関わらず、自身が住む沖縄で昨年に発生した性犯罪事件がどう裁かれたのかについて「無知であった」ことを証明してくれた。

さて、ここからが今日の本題。

我々の投稿を見た手登根氏のフォロワー1人は投稿のスクショを提供し、『基地反対シミン活動家はこの投稿を槍玉に上げ、とうとうフォロワーまでに牙を向けたようです。』とのコメントを寄せている。

それには「いいね!」する手登根氏。だが、自身がシェアした記事が1年前のものであると指摘するフォロワーに対しては、「いいね!」なし。(2017年3月15日正午現在)

場の雰囲気を読み取る力がある(?)フォロワーは、以下のコメントを寄せ始めた。

『昨年?一昨年の事件ですよね。あまりいい話じゃないけど、沖縄観光に来た女性は気が緩み解放感から男性を誘う、外人を誘うというのは昔からある。女性観光客の露出度に目を疑うのも度々見受ける。地元女性からもヒンシュク悪いです。でもこのタイミングにこの記事、擁護したいんですかね?笑』

『ほんとだ、よく見たら「2016年3月13日」の記事ですね(^^;
たぶん「自衛官は強姦魔」の石嶺香織議員を擁護したくて何かネタを探したけど、何も出てこないから、仕方なく昔の事件を再掲して最近の事件のように見せかけようとしたんでしょう(^^;
まさに、新聞というよりアジびらですね。カネ払って読む人の気がしれない(^^;』

『何故この時期に去年の記事を載せたのか!?解せない!』

 なんと、なんと!これは一体全体、どういうことか???

手登根氏のフォロワーは手登根氏および自らの「無知、誤認識、感違い沖縄タイムスのせいにし始めているではないか!(責任転嫁)

その過程で、性犯罪被害者へのセカンドレイプや沖縄を訪れる観光客女性の服装、容姿を批判することを忘れず (女性蔑視)、また、「地元女性からもヒンシュク悪いです」と、沖縄の女性らが、まるで観光客女性を軽蔑しているかのような印象操作 (分断工作) も忘れてはいない。

多くの報道機関のウェブサイトでは「関連記事」または「編集部のオススメ記事」という項目がある。そこに掲載される記事は、昨日今日のものもあれば、数ヶ月前、数年前のものもある。

SNS漬けの彼らであるが、そんな単純なことも知らないのか?
いやいや、もちろん知っている。

だが、なにがなんでも『自分の非を認めない、認めたくない』手登根氏の機嫌が損なわれることを恐れ、彼の気持ちを慮り、彼が恥じることないよう取り繕っているのだ。

人間は完璧ではない。完璧な人間など存在しない。
人間であれば、誰でも間違いを起こす。
その間違いを指摘されたら、間違いを認め反省し、場合によっては謝罪することも必要だ。
そのような過程を踏むことで、次の間違いを防ぐことができる。
完璧でない人間は、そうやって成長していくのだと思う。

しかし、彼らのように間違いや非を指摘されても「認めない、認めたくない」のでは、人間としての成長も、次の過ちをも防ぐことができないではないか!

自身の勉強不足や誤認識を認め謝罪する者がいる中、間違いや非を指摘されてもそれを認めず、「責任転嫁」して矛先をすり替える者がいる。

人間として成長することができるのが前者であることは、明明白白である。

===========

手登根氏FB投稿リンク:
https://www.facebook.com/bogey.tedokon/posts/1277414995671900

f:id:nagowaykata:20170315144122p:plain

オスプレイ不安クラブ - ■ ネトウヨ分析 ① :「自分の感違いは沖縄タイムスのせいだ⁉︎」■... | Facebook