「パーントゥ」を「土人」と呼んであざ笑うネトウヨ、栗秋琢磨

2016年10月26日

栗秋 琢磨という人物は、沖縄県民をディスることを喜びとしている。宮古島パーントゥという泥にまみれた神様が厄払いしてくれるお祭り。そのお祭りの神様を「土人」とし、面白がっている。

それにリアクションする人々の多いこと! その中には、沖縄県民も、沖縄出身者もいる。自分の生まれた故郷の文化、伝統の一部をバカにされている、見下されている、嘲笑われている事に違和感を持たず、一緒になって笑う沖縄県民。これだから、自分が差別されている事にも気付かない。自分たちを差別している側を仲間であると錯覚し、自分も仲間の一人だと思い込んでいる。

この投稿がアップされた「沖縄情報」というFBコミュには、この栗秋の「ウヨだけにウケるジョーク」が「宮古島のお祭りであることを知らない人たちに誤解を与えかねない」と説明文を投稿した宮古島出身者がいるが、この人物も、結局は「土人とは別物で、意味が全く違います」と説明を締めくくり、あくまでも、「土人」と呼ばれた人たちとは関係がないかのような表現をしている。

沖縄の神々は、沖縄という島々に住む人々を見守る神々ばかりである。様々な「マジムン (魔物)」から沖縄に住む人々を守っている。その沖縄の神々が守る沖縄に住む人々を「土人」と呼び、宮古島にいる神様を「土人」と見立てて嘲笑う「沖縄ヘイト」の人たち。そして、こういう連中の仲間だと勘違いしている一部の沖縄県民。沖縄における構造的差別、植民地的感覚は、根深いものがある。

この栗秋 琢磨 という人物は、国会議員である和田政宗参議院議員のサポーターであり、沖縄や沖縄県民を侮辱するために沖縄に住んでいる。また、この人物や仲間たちが在日米軍の沖縄駐留を望んでいる極右団体オスプレイファンクラブであり、その手登根と宮城美香子が管理運営する FB コミュ「沖縄情報」である。

■■■■■■■■

オスプレイファンクラブ宮城美香子氏や手登根安則氏が管理人をする FB グループ、沖縄情報はこちらから。
https://www.facebook.com/groups/OkinawaInfo/?fref=ts

(↑これは、栗秋琢磨の投稿のリンクですが、現在、削除されています。削除するくらいなら、最初から投稿するな!)

f:id:nagowaykata:20161028213326p:plain

f:id:nagowaykata:20161028214008p:plain

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook