在特会、高校生らに脅されたとして警察に泣きつく!

2016年10月25日

高江で反対派住民をおさえこみ、へらへらと笑みを浮かべて在特会を警護、あげくに機動隊員自身がレイシスト用語「土人」だの「シナ人」だのを言い放ったのには驚いたが。

やはり警視庁は在特会とネンゴロだ。

あの在特会レイシスト恫喝男、桜井誠44歳をインターネット上で脅したと、17才や18才の男子高校生らが警視庁に書類送検された (゚Д゚;)。

しかも、その文言が「当選させたくありません」だとか、

いや、それ多くの人が叫んでいた率直な意見だし。

どれだけみんなが在特会から嫌がらせや脅迫やセクハラをうけているか、今度からは、それいちいち細かく対応してくれますね、警視庁は。

在特会や沖ウヨ団体は警察の出先機関なのか。

和田らに抵抗した87歳のおばあや、在特会に抵抗した10代の高校生のほうが非を咎められる時代になったとは、

暗黒の時代もまじかだな。

 

this.kiji.is

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook