戦争体験者を侮辱するネトウヨ 栗秋琢磨

2016年10月24日

島袋文子さん。

彼女が十五歳の時、沖縄戦の馬乗り作戦で米軍の火炎放射器に焼かれ、上半身に大火傷をした。死者の血で染まった水を飲んで戦争を生きのびた。

その時の火傷や手榴弾による怪我の傷跡は、彼女の全身に今も残る。

 

性根の腐りきったバカの鏡、九州から移住してきたネトウヨ栗秋琢磨。

まったく美しくもない心の党 和田議員の使いパシリ。

米軍基地フェンスの掃除人 FCP 手登根の子分。

 

f:id:nagowaykata:20161028115857j:plain

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook