高江でヘイト団体を警護する警察の姿

2016年10月18日

高江でヘイト団体を警護する警察の姿
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

昨日は不当逮捕
そして今日は在特会のバックアップ !!!

さて、日本のみなさん。
メディアが報じない高江で
今、なにが起こっているのか、
警察・機動隊がどちらをむいて展開しているのか。
じっくりと見ていただきたい。

今日、
あのレイシスト団体「在特会」で悪名高い二人、西村斉氏と荒巻靖彦氏が
関西からメガホンもって高江にドヤドヤとのりこんできた。

在特会が要請して警察に高江の「半日パヨク」を排除させた、
そう言いもって、
耳が腐るほどの大声で怒鳴りたて
でかいメガホンがハウリングする程のやかましさ。

しっかし、こいつら
幾つになれば気づくのだろう、
在日特権とはまさに、
在日米軍と SOFA (日米地位協定) のことであり、
あんたたちもいいように利用されてる捨てゴマにしか過ぎぬと。

そんな関西の幼稚組。
悪質なヘイトクライムで刑務所から出てきたばかりの荒巻の街宣要請を受けて

いそいそとパイプを排除し、
道を開け、
市民を排除し、
ヘコヘコと場所をしつらえ、
在特会とならんでたつ、
この日本の警察の姿を見よ !!!

海外に知れ渡ると
さすがにまずいだろう、
ヘイト団体を警護する日本警察

日本の警察は、米軍のためなら、
仲良し在特会のガードマンすらかってでるんだな。

日本の警察、防衛省在日米軍、・・・
みんながみんな、在特会ネトウヨや産経とズブズブなんな。

安倍政権の
ほんとうの姿が
高江に浮かびあがってる。

いまの高江を見てくれ !!!

.
◆ ◆ ◆ ◆ ◆

在特会街宣ツイキャスはこちらから
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=598490230340022&id=506639596191753

① 西村斉、京都の朝鮮学校の子どもたちにエゲつないヘイトスピーチを展開している元在日特権を許さない市民の会在特会)京都支部長。関西チーム。

② 荒巻靖彦、2012年にロート事件で逮捕、長期間勾留。翌2013年5月に同事件での実刑判決が確定し、京都・徳島両事件での執行猶予取消分も含めて懲役刑に服す。2015年10月、刑務所から出所。関西チーム。

 

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook