ロハスなウソップ / 「殴る、蹴る、怒鳴る、叱るも愛のうち」

2016年10月8日

依田氏。

なるほど倒錯してるな。

▶ 『従う』または『従わせる』事は、つまり、ある特定の意図を持った人物が、子供、生徒、社員、またはペットや家畜など特定の対象を自分の思った通りに動かす事だと考えています。

▶ 『従う』という意識が各人に存在するだけで、学級崩壊や犯罪などの社会問題が激減することは断言できるでしょう。

▶ じゃあ、『愛』とはなんぞや?となると、殴る、蹴る、怒鳴る、叱るも含まれるから、重要で複雑な課題だと考えているのです。

canaanfarm.ti-da.net

わざわざ高江にでむいて基地反対派の女性をグーで殴ったのは、『愛』ゆえだったとでも ?

約束の地、乳と蜜の流れる土地の名を冠したカナン・ファームでは、文字通り『殴る、蹴る、怒鳴る、叱る』も愛のうちだというから驚きだ。

キリストの愛といったものとは程遠い。こんな暴力そのものの抑圧構造から、いったいどんな真実の愛が生まれるというのか。

こういうぐだぐだな文章には論理性というものがないから、まるで頭が支離滅裂な学生の感想文をよんでいるような気分だが、これだけは理解できる。

家畜やペットや社員や子供、あるいは女性も『従わせる』ことを理想としている、それがこのカナン・ファームの「カースト制」。

どれだけ周りの人々の愛に支えられ、良き隣人に支えられようとも、これでは、さぞかし束縛の地から自由を求めて「出エジプト」した従業員も多かったことだろうよ。

平和な森より米軍基地。

ウソとデマの流れるカナンの地

依田君、
かえすがえすも残念だ。

お勧めできないロハス観光スポットですな。

 

#残念な高江デマの発信源 

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook